Loading...

LGBT研修と採用ならJobRainbowにお任せ!

株式会社JobRainbowでは

  • LGBTフレンドリーな職場をつくりたい
  • 社内のLGBT人材を活性化させたい
  • 多様な人材を獲得したい
  • ブランドイメージやサービス向上をしたい
  • LGBTの就活生や転職活動者と繋がりたい

という企業の皆さまに向けてLGBT研修や合同勉強会、キャリアイベントを提供しています。今回はJobRainbowが提供するLGBT研修について、何故必要なのかについても含め紹介します。

LGBT研修を受ける理由  

LGBTは「佐藤さん、鈴木さん、高橋さん、田中さん」を合わせた数よりも多い

LGBTってなんのことだろう?同性パートナーへの福利厚生を認める企業があるけどどういうこと?今、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)といわれる性的マイノリティ、もっと広く言えば「これが普通」と思われている性のあり方に当てはまらない人達に向けて様々な配慮を行う企業や自治体、教育機関やサービスが増えています。

それは何故でしょうか?LGBTは日本でも5~8%の割合でおり、これは日本にいるすべての「佐藤さん、鈴木さん、高橋さん、田中さん」の人数を合わせた数600万人と同じか、またはそれ以上の人数になります。私の周りにはいない、と思う人も多いかもしれませんが、友達や同僚には先ほどあげた名字の方はよくいますよね。実はそれと同じ割合だけ、貴方の周りの家族や友人、会社の同僚や部下の中にLGBT当事者は存在しています。

ただ、当事者の多くが自分が「ゲイ(男性同性愛者)」であることや「レズビアン(女性同性愛者)」であることを、差別や偏見を理由に隠しており、目に見えない問題であるが故に、いまだ多くの企業では対応が遅れていることが現状としてあるのです。

LGBTが抱える職場の問題

LGBTが職場で直面する代表的な問題としては以下のようなものが挙げられます。

  • 日常的に差別的な発言がある
  • 結婚や恋人に対する詮索を受け、嘘を重ねてしまう
  • 事実婚状態の同性パートナーがいても福利厚生を受けれない
  • LGBTであることを理由にいじめやからかいを受ける
  • トイレや更衣室が男女で別れており、どちらを使えば良いかわからない

例えば日常的な差別的発言というのは、「おかま」「両刀使い」「おなべ」など、貴方が差別的に使っていないと思っていても、LGBT本人にとっては苦痛に感じるものがあります。

このような配慮がない結果として、LGBTの離職率は60%と平均よりも高く、対応の遅れている会社では、当事者社員の生産性が30%低下するという調査結果がでているのです。(虹色ダイバーシティ調べ)

また、厚生労働省は2017年よりLGBTへの差別的言動もセクハラに該当すると、セクハラ指針を改めることを明記しました。

被害を受けた者の性的指向又は性自認にかかわら ず、当該者に対する職場におけるセクシュアルハラスメントも、本指針の対象となる(厚生労働省

性的指向とは好きになる性(ゲイ、バイセクシュアル、レズビアン)、性自認とはこころの性(トランスジェンダー)を指しており、差別的発言が国の方針としてセクシュアルハラスメントになると定められ、企業はこれに対し対応する義務が生まれました。

こうした点から、より社員の生産性を高め競争力を生み出し、またセクハラや離職といったリスクに対応するためにもLGBT研修や採用を通して、フレンドリーな職場作りをすぐにでも進めていく必要性があるのです。

就活や転職もLGBTにとっては困難に

採用プロセスにおいても、LGBTへの配慮がないために人材確保のチャンスを逃したり、採用ブランドの低下を招いてしまうことがあります。実際に、求職時に困難を感じているLGBTは40%、特にトランスジェンダーだけでみると69%もいるのです。

何故こんなにも多くのLGBTにとって採用選考が困難に感じるのでしょうか?それは日本特有の採用プロセスに起因しているものがあげられます。

  • エントリーシートの男女表記でどちらで書けば良いかわからない
  • LGBTであることを言えず、面接で嘘をついてしまった
  • 結婚や出産の予定を聞かれても、うまく答えられない
  • カミングアウトしたら、面接官にびっくりされた
  • LGBTサークルでの体験が話せない
  • 出身校が女子校・男子校のため、性別を変えていてもばれてしまう

こうした問題によって、LGBTの就活や転職活動は厳しいものになっているのです。実際に私たちが実施したLGBTワーカーに対する調査でも、LGBTであることをオープンにして就活、転職活動がしたいという当事者は55%と半数を超えています。ただそれに対し、オープンでいることに不安を感じるのは100%と、全員が不安を感じていることもわかりました。

つまり、LGBTフレンドリーであることを社外に周知することで、LGBT当事者は自分らしく面接を受けることができるようになり、より良いマッチングに繋がりますし、幅広い人材の獲得にもなるのです。

LGBTフレンドリーになるためのステップ

LGBTフレンドリーな会社になるといっても、LGBT研修だけで良いの?具体的な対応や制度作りはどうすれば良いの?という疑問があるかと思います。私たちJobRainbowでは以下のステップを通じて段階的にLGBTフレンドリーな会社づくりを提案しています。

  1. LGBT研修の実施、とりくみ方針の決定
  2. 面接マニュアルの見直しや、社内制度を整え、採用体制をつくる
  3. 社内外ネットワーク支援や商品・サービスの見直し、定期的な勉強会をひらく

多くの企業ではLGBT研修をしただけで、他の対応はまだというところもありますが、研修をしたうえで具体的なアクションを起こすことで、よりLGBTへの理解を深め、社内での人材活性化とサービス向上に繋げることができます。

JobRainbowではこのSTEP1からSTEP3まで一貫したサポート体制をもっているため、LGBT研修だけで終わらない真のLGBTフレンドリーな職場づくりを可能にしてきた実績があります。

LGBT研修・勉強会プログラムの内容  

私たちがLGBT研修や勉強会で大切にしていること、それはプログラムを通してLGBTに対する考え方や見方を変えてもらうことです。もちろん、具体的な基礎知識から職場事例の共有をケーススタディしながら、学んでもらうことも大切ですが、それと同時になぜLGBTが生きづらい社会なのか、男女はこうあるべきといった「私たちの中にある無意識の偏見」に気付いてもらうことが必要不可欠だと考えています。

役員・管理職向け研修

一番はじめに、社内でLGBT対応が議題にあがったものの、何をすれば良いかわからないという企業の方に向けておすすめしているのが「役員・管理職むけ研修」です。マネジメントトップの方にLGBTを身近に感じてもらうためのワークショップ、LGBTへのとりくみ方針をどう決めていけば良いのか、なぜ取り組みが必要なのか、またビジネスの観点からLGBTマーケットの説明、サービス向上についてまで事例を交えながらすすめていきます。LGBT対応もトップの理解があることが非常に重要です、この研修を受けてこれからの方針を一緒にかんがえていきましょう。

プログラム例:

無意識の偏見に気付くためのワークショップ
・男性が家族を支える、女の子はピンクが好き、結婚は男女のものといった性別にまつわる「当たり前」を一緒に考えます
なぜ今LGBTが注目されているのか
・自治体が出す同性パートナーシップはなぜはじまった?
・マイノリティが想定されてない世の中のしくみ
・社会問題としてのLGBT
LGBTを知ろう!基礎知識と多様な性への理解を深める
・LGBTとはなにか
・LGBTの人口
・LGBTだけじゃない、無限のセクシュアリティを理解
・当事者ヒストリーでは、実際に働くLGBT社会人や、LGBTの大学生の声を聞いてもっと身近にLGBTを感じてもらいます
LGBTマーケットと職場の課題
・国内のLGBT消費市場は6兆円、購買力は20兆円!?LGBT対応をすすめる企業が増えています
・LGBTが抱える職場の問題、求職時の困難
・対応企業事例の紹介
・LGBTマーケティングの成功事例
あなたがLGBTのためにできること
・自治体の取り組み
・LGBTにとってしてほしいこと、して欲しくないこと(具体例を交えた冊子を配布)
・アライ(LGBTサポーター)になろう!

所要時間:1時間〜1時間半を想定

料金:15万円〜(講師派遣の場合)or 2万円〜(合同研修の場合)⇨ 今なら特別キャンペーンで初回無料!?詳しくはお問い合わせで!

この研修の特徴

役員・管理職の方向けのため、比較的短い時間で受けることができます。現場で実際に使う知識以上に、意識改革に重点を置き今後社内でLGBT対応を進めていただくうえで必要なエッセンスを一緒に考えていただくプログラムになっています。経営の観点からも、LGBTマーケットやマーケティング、商品開発といった部分、そして社員の人材活躍という話まで、成功事例を用いながら経営陣の方々が本当に知りたいことを網羅しています。

人事・採用担当者向け研修

具体的なLGBT採用や、社内の人材活躍の促進といった、社内改革を行うことを前提としている企業の方に必ず受けていただいているのが、こちらの研修です。人事や実際に面接を行う採用担当者の方とともに、より具体的なケースを想定したワークショップや、福利厚生・社内制度の整備といった部分について、それぞれの企業にあった対応を考えます。より、LGBT当事者と直接関わることを想定し、座学だけで終わらない、どんなケースにでも対応するための考え方とその方法を学んでいただきます。

プログラム例:

無意識の偏見に気付くためのワークショップ
・男性が家族を支える、女の子はピンクが好き、結婚は男女のものといった性別にまつわる「当たり前」を一緒に考えます
・スーツやマナーの違い等、就活に関わる男女の「当たり前」って?
 LGBTを知ろう!基礎知識と多様な性への理解を深める
LGBTとはなにか、その歴史
・LGBTの人口
・LGBTだけじゃない、無限のセクシュアリティを理解
・当事者ヒストリーでは、実際に働くLGBT社会人や、LGBTの就活生の声を聞いてもっと身近にLGBTを感じてもらいます
 LGBTと社会問題
・なぜ今LGBTが注目されているのか、社会問題の観点から
・行政では何がおきてる?企業が迫られているLGBT対応の実態
・企業がLGBT対応をすることの意義とメリット
 LGBTとしごとの問題
・LGBTと職場の問題
・LGBTと求職時の困難
・こんな時はどうする?職場の問題ケーススタディ(例:部下からのカミングアウト)
・模擬面接を通して学ぼう、LGBTの就活生・転職者が嬉しい対応
・LGBT対応企業の事例とその方法
 LGBT対応を進めるにあたって、気をつけること、するべきこと
・LGBT対応ステップ
・福利厚生や社内制度の作り方、リスク対応
・自治体の取り組み
・LGBTにとってしてほしいこと、して欲しくないこと(具体例を交えた冊子を配布)
・アライ(LGBTサポーター)になろう!

所要時間:1時間半〜2時間を想定

料金:15万円〜(講師派遣の場合)or 2万円〜(合同研修の場合)⇨ 今なら特別キャンペーンで初回無料!?詳しくはお問い合わせで!(9月まで)

この研修の特徴

人事、採用担当者は直接外部のLGBT就活生・転職者と関わったり、社内のLGBT社員の対応を迫られる場合が多いため、対応をはじめていく上で不安を感じる方も多くいます。この研修では単なる座学では終わらない、実際に企業で起こった事例をもとにしたケーススタディと模擬面接を通じて、どんな問題にも自信を持って対応ができるようになってもらいます。また、社内の制度改革を進めていく上で具体的な手順について学ぶことで、それぞれの会社にあったLGBT対応のステップについて考えます。

全社員向け研修

会社全体でLGBT対応を進めていく上で、役職に関わらず全ての社員に共通するLGBT対応について学びたい、社外にLGBT向けの商品・サービスを出すので全社員で会社の指針を共有したい、新卒研修に取り入れたい、などの要望にお応えしているのが、こちらの研修です。LGBTの部下や同僚を持ったときの対応の仕方、マネージャークラスの方にも定期的に実施されているものになります。また、社員がLGBTフレンドリー企業の一員として、社外に対してどんなメッセージを出すべきでないのか、といったリスク対応についても学んでいただきます。

プログラム例:

無意識の偏見に気付くためのワークショップ
・男性が家族を支える、女の子はピンクが好き、結婚は男女のものといった性別にまつわる「当たり前」を一緒に考えます
・こんなこと言ってない?職場でよくある男女の「当たり前」
 LGBTを知ろう!基礎知識と多様な性への理解を深める
LGBTとはなにか、その歴史
・LGBTの人口
・LGBTだけじゃない、無限のセクシュアリティを理解
・当事者ヒストリーでは、実際に働くLGBT社会人や、LGBTの大学生の声を聞いてもっと身近にLGBTを感じてもらいます
 LGBTと社会問題
・なぜ今LGBTが注目されているのか、社会問題の観点から
・うつ病やいじめ、一般的な社会問題に潜むLGBTの生きにくさ
・家族や友人、職場のLGBTを守るためにあなたができること
 LGBTとしごとの問題
・LGBTと職場の問題
・LGBTと求職時の困難
・こんな時はどうする?職場の問題ケーススタディ(例:部下からのカミングアウト)
・職場で気をつけるべき言動とみんなが気持ちよい職場づくり
・LGBT対応企業の事例とその方法
今日からあなたがLGBTのためにできること
・社外でも気をつけるべきこと(SNSの炎上事例など)
・LGBTにとってしてほしいこと、して欲しくないこと(具体例を交えた冊子を配布)
・アライ(LGBTサポーター)になろう!

所要時間:1時間半〜2時間半を想定

料金:15万円〜(講師派遣の場合)or 2万円〜(合同研修の場合)⇨ 今なら特別キャンペーンで初回無料!?詳しくはお問い合わせで!(9月まで)

この研修の特徴

全社員研修では、個別のケースを想定したものよりも、意識改革に重点を置いています。研修を受けながら周りの社員と一緒に話し合ったり、意見を共有することでLGBTへの理解を深め、これまでもっていた偏見に気づくことができます。社外に誤ったメーセージを出さないために、FacebookやTwitterといったSNS上での炎上事例について学び、社内で一貫した方針を持っていただきます。さらに本研修では、家族や友人といった問題にも触れ、一人一人の社員が会社の枠を超えて周りのLGBTをサポートできるようになることで、より一層LGBTへの理解を社会の一員として深めていくことを狙いとしています。

店長・エリアマネージャー向け研修(ホスピタリティ研修)

多くのLGBT消費者と接点をもつ、店長やエリアマネージャー向けの研修がこちらです。またLGBTのアルバイトを雇用するにあたって気をつけるべき点を知ることができます。今後LGBT対応を店舗でもすすめることで、ホスピタリティ・サービスの向上につなげたい、LGBTのアルバイトに気持ちよく働いてもらいたい、LGBT向け商品を販売するのでその説明がちゃんとできるようにしたい、といった企業様に導入しています。

プログラム例:

無意識の偏見に気付くためのワークショップ
・男性が家族を支える、女の子はピンクが好き、結婚は男女のものといった性別にまつわる「当たり前」を一緒に考えます
・こんなこと言ってない?お客様対応でありがちな男女の「当たり前」
 LGBTを知ろう!基礎知識と多様な性への理解を深める
LGBTとはなにか、その歴史
・LGBTの人口、マーケット規模
・LGBTだけじゃない、無限のセクシュアリティを理解
・当事者ヒストリーでは、LGBT消費者の声を聞いてもっと身近にLGBTを感じてもらいます
・LGBTと社会問題、
あなたの顧客対応が社会問題解決の一歩に
 ホスピタリティ向上に繋がるLGBT顧客対応
・LGBTにとって嬉しい言い換え表現(例:彼氏/彼女→パートナー)
・無意識の偏見をなくすことで、すべてのお客様に気持ちがよい接客方法
・LGBTを排除しがちなキャンペーンに気をつけよう
・実践!LGBT顧客対応事例から学ぶワークショップ(例:ペアリングを買いにきた同性カップルなど、業種ごとに実例をご用意しております)
 LGBTとしごとの問題
・LGBTと職場の問題
・LGBTと求職時の困難
・こんな時はどうする?職場の問題ケーススタディ(例:アルバイト間のLGBT差別発言)
・LGBT応募者とのアルバイト模擬面接
あなたがLGBTのためにできること
・LGBTにとってしてほしいこと、して欲しくないこと(具体例を交えた冊子を配布)
・アライ(LGBTサポーター)になろう!
アルバイトや店舗の人にLGBTを説明できるようになろう!

所要時間:1時間半〜2時間半を想定

料金:15万円〜(講師派遣の場合)or 2万円〜(合同研修の場合)⇨ 今なら特別キャンペーンで初回無料!?詳しくはお問い合わせで!(9月まで)

この研修の特徴

ホスピタリティ、サービス向上のために必要なLGBT顧客対応を学ぶことができます。知識だけでなく、具体的な事例を用いて自分自身で考えて行動ができるようになるため、どんなお客様にとっても気持ちの良いサービスが提供できるようになります。また、店舗全体でLGBTに対する意識を共有するため、アルバイトやお客様にLGBTについてしっかりと説明できる力をつけてもらいます。さらに、LGBTのアルバイトを採用するにあたって気をつけなくてはいけないことや、アルバイト間でのLGBT問題対応についても学べ、アルバイトが気持ちよく働ける職場作りをすることで、マネージメント力の向上ができます。

 

LGBT研修の講師  

星 賢人

JobRainbow代表取締役
立教大学法学部/東京大学大学院情報学環教育部特別研究生

自身もゲイとして代表をつとめた大学内LGBTサークルで、メンバーがセクシュアリティを理由に就活を諦めてしまったことをきっかけにJobRainbowを立ち上げました。「すべてのLGBTが自分らしく働ける社会の創造」を信念に、企業への研修・コンサルティングの実施、採用支援を行なっています。研修を通して、皆さんと一緒により良い社会を作っていきたいと思います。

星 真梨子

JobRainbow取締役兼COO
慶應義塾大学経済学部/東京大学法科大学院
民間シンクタンクに研究員として在籍

友人や家族からのカミングアウトを受けた体験から、「社会的マイノリティであっても、自分らしく社会の一員として生きられる。そんな世の中にしたい」と、姉弟でJobRainbowを立ち上げました。社会的に弱者と言われる人たちを救うため法律家の道に進みましたが、JobRainbowではその経験と知識をコンサルティングに活かすとともに、研修、採用支援をしています。

本荘 悠亜

JobRainbowコミュニケーションマネージャー
東京大学文学部
ピアニスト

ゲイの現役大学生として、JobRainbowではサイトの運営や外部のユーザーとのコミュニケーションを担当。研修ではLGBTの大学生の視点から自身の就活体験も踏まえ、アシスタント講師を務めています。

満足度100%!受講者の声  

  • 学生時代からのゲイの親友がいます。今も家族ぐるみで付き合いをしているため、理解しているつもりでしたが、まだまだ理解不足であったことに気がつきました。
  • ぼんやりとしか知らなかったのですが、今回でよくわかりました。友人にもいるので研修を受けたことを伝えてみたいと思います。
  • 非常に理解しやすかったです。いろんな個性を持った方が過ごしやすく、幸せな環境を作っていくことに、自分も微力ながら貢献できればと思いました。
  • 会社としての受け入れ方や面接時の取り組みなど今後も考えていかなければと思いました。
  • 採用に役立つものと感じました。

研修後のサポート  

LGBT採用



LGBTキャリアイベントの実施

JobRainbowでは定期的に、LGBTの就活生と企業を繋ぐキャリアイベントを開催しています。イベントでは、実際にフレンドリー企業で働くLGBTの社員とJobRainbowスタッフとが話し合うパネルディスカッションや、フレンドリー企業の社員がLGBT就活生の持つ悩みに実際に答える話しあいの場を設けたりしています。LGBT対応をこれから進めていく上で、LGBT就活生の声を聞いてみたい、LGBTフレンドリーなことをもっとアピールしていきたい、といった企業の方におすすめしています。

イベントの様子はこちら



LGBT求人サイト「ichoose」への掲載

2017年6月にオープンされた日本初のLGBT求人サイトに、研修を受けていただいた企業様は今なら無料で求人掲載をすることができます!「ichoose」ではエントリーシートにLGBT求職者が自由にセクシュアリティを記入できる他、入社後の配慮項目を事前に登録することで、企業とのより良いマッチングをサポートします。

  • 新卒/中途/アルバイト
  • LGBT採用後のサポートも充実
  • 採用ブランディングの向上
  • 多様な人材の獲得

※社員数に応じて掲載条件が一部異なる場合があります。

LGBT求人サイト「ichoose」はこちら

[ichooseの特徴]

LGBTコンサルティング

研修後に具体的なアクションを起こしていくうえで、下記の制度導入や、社内の意識改革を行なっています。

  • LGBT対応の福利厚生
  • 社内のLGBT意識調査
  • 基本方針の制定
  • トランスジェンダー向け手術休暇などの制度整備
  • LGBT向け商品やサービスの開発
  • 制服の男女統一デザイン

株式会社JobRainbowとは  

すべてのLGBTが自分らしく働ける職場に出会えることを目指し、2016年1月に設立されたLGBTベンチャーです。

自分らしく働ける職場を生み出し、その情報をすべてのLGBTに届け、実際に繋げていくために3つの事業を運営しています。

メディア掲載実績